仙台院 ソララクリニック仙台022-722-7090

  古川本院 佐藤まさひでクリニック0229-23-8152

Home > 「混合シミ改善治療」のご紹介 > フラクショナルQスイッチルビーレーザー

ルビーフラクショナル シミアザ肝斑を安全に治療

solala-logo-smallシミの治療では、光治療器が スタンダードとなった今でもQスイッチレーザーを使用しなくては、難しい場合も多くあります。
しかし、照射後に 暫くの間 ガーゼ等で被覆をする必要があり、また、一定期間シミが濃くなるなど 超えなければいけないハードルもあります。
高い治療効果の反面 ダウンタイムを考えると、第一選択とされなくなってきました。

両頬に斑点状に出ることが多い アザの一種 「後天性真皮メラノサイトーシス」(ADM)は 光治療器では太刀打ちが行かず Qスイッチレーザーでの治療が必要となります。
しかし治療回数がかかり、そのたびごとに 2週間ほどの被覆を必要としたり、一過性色素沈着も出るため、簡便に治療を行うことは困難でした。

今回 当院で導入した 新しいQスイッチレーザー「フラクショナルQスイッチルビーレーザー」は、照射後早期からメイクが出来るだけでなく 被覆材を必要とせず、色素沈着などのリスクも大幅に軽減させることに成功しています。
Qスイッチレーザーのしみ治療のキレの良さと、光治療の簡便さを兼ね備えた治療を提供することができ、且つ ADMの治療のハードルを大幅に引き下げることに成功しています。

レーザー治療の敷居を下げました。

フラクショナルQスイッチルビーレーザーは、従来型のQスイッチレーザーでの問題を大幅に引き下げることに成功しました。
光治療器は、シミの改善に大変効果的な治療法です。ほとんどのシミに効果的ということができますが、どうしても取れないシミには、Qスイッチレーザーを使用しなくてはいけません。
Qスイッチレーザーは、キレ良くシミを取り除くことができる反面 炎症後色素沈着や、被覆材で照射部位を保護する事が必要となることが問題とされます。

フラクショナルQスイッチルビーレーザーは、炎症後色素沈着の確率を最小限度にまで抑えつつ、被覆材を基本必要としないため、光治療に準じた気軽さで Qスイッチレーザーの治療を受けることができるようになりました。

しみ治療にQスイッチレーザーをダウンタイム無しで

医師がレーザー照射します。Qスイッチレーザーでの照射の際には、シミ照射した後、10日ほどは、被覆材を貼る必要があります。照射後に一定の確率で起きる 炎症後色素沈着も 問題とされるため、ほんの数カ所のシミだけを対象とするとき以外は、第一選択にはなりません。フラクショナルQスイッチレーザーでは、照射後直ぐにメイクをすることができ、且つ 照射後の赤みも1日ほどで引いてしまいますので、日常生活に困ることがありません。
光治療と コンベンショナルなQスイッチレーザーとの 中間的存在と言えます。

ルビーフラクショナルの作用

フラクショナルQスイッチレーザーは、シミ治療に効果が高いQスイッチレーザーの特性を維持しつつ、光治療並みの安全性と被覆材を必要とせずに治療を進めていくことができる 新しいカテゴリのシミ治療器です。

ルビーフラクショナル 照射の図02

  1. 表在性のシミと 皮膚の奥にあるシミが有ります。
  2. フラクショナルQスイッチルビーレーザーは、シミに有効なQスイッチルビーレーザーを分割して照射します。
  3. Qスイッチレーザーの特性を持っているため、皮膚表面のシミだけでなく 皮膚の奥「真皮層」にある色素まで到達します。
  4. 表在性のシミ、深いアザも一緒に治療される際、照射されていない部位から 一気に治癒が進むため、ダウンタイムが殆どありません。
  5. シミ、アザを同時に治療していくことが出来ます。

フラクショナルQスイッチルビーレーザーの大きな特徴は、通常のシミだけでなく,真皮メラノサイトーシスのような「アザ」も同時に治療していくことができながら、光治療並みに簡便に受けることができるという点です。

後天性真皮メラノサイトーシスに最適

ADMの図後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)は ルビーフラクショナルが得意とする[アザ]の一種です。
両側性に斑点状に出る 少し暗めの感じのシミのように見えます。通常のシミよりも 色素が皮膚の深い部位(真皮層)にあるため、他のシミよりも暗めに見えます。発生する部位が 肝斑の好発部位でもあるために、肝斑と混同されていたり、通常のシミと同様に治療を受けていたりと、診断が付くまでに時間がかかってしまう方も多いようです。

通常ADMの治療を行う際には、施設によって異なると思いますが、照射に伴う炎症後色素沈着等の副作用からの回復を待ちつつ 3ヶ月ほどの間隔を開けて照射を行っていきます。

照射のたびに 被覆材で2週間ほど保護する必要もあり、治療を行えば完治も狙えるものであるのにもかかわらず、継続が困難な場合も多かったようです。

ルビーフラクショナルは続けやすい

ルビーフラクショナルは、ダウンタイム1日程 翌日には赤みもほとんど気にならなくなります。

照射直後からメイクが出来るために 日常生活にあまり影響を与えずに 治療を進めていくことができます。

さらに、数ヶ月に及ぶ回復期間を待つ必要が無いため、最短1ヶ月毎の治療行うことができ、総治療期間の短縮に繋ります。

施術料

ルビーフラクショナル 全顔 1回 50,000
3回 143,000
6回 286,000
20,000円分の
ドクターズコスメ込
両頬+鼻
ADM等
1回 30,000
3回 86,000
6回 172,000
10,000円分の
ドクターズコスメ込

ルビーフラクショナルは、「混合シミ改善治療」でも使用。

肌質改善、シミの改善に各種レーザーを併用した複合治療が最適です。当院のシミに対する 複合プログラム「混合シミ改善治療」は、様々なシミの種類にあわせて、レーザー,光機器を選択し照射を行うことで、肌への負担を最小限度に留めつつ より高い効率性を持って治療を行うことを目的としたプログラムです。

このプログラムは、「ミニマムダウンタイムの範囲でできる限り高い効果を目指す」事を目的としていることで、フラクショナルQスイッチルビーレーザーは、ADM・後天性真皮メラノサイトーシスまでを範疇とするとする際にも最適です。

Home > 「混合シミ改善治療」のご紹介 > フラクショナルQスイッチルビーレーザー

ソララクリニック仙台 美容皮膚科



  

ソララクリニック 仙台
Solala clinic sendai


レーザー専門美容皮膚科
そばかす治療 ソバカスを消すならソララクリニック
にお任せ

宮城県仙台市青葉区花京院1-2-15
ソララプラザ2F
(水曜日定休)
完全予約制
TEL 022-722-7090

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

Google Mapsルートを検索